美術館

MIHO MUSEUM 「国宝 曜変天目と破草鞋」 にて、大徳寺龍光院の曜変天目が公開中。アート

曜変天目完全制覇プロジェクト②MIHO MUSEUMで国宝と重要文化財を同時に楽しむ。ふたつの曜変天目の違いを見れば、その希少価値が見えてくる。

平成最後の国宝一挙大公開イベント、曜変天目三碗同時公開。このまたとないチャンスを逃すまいと、三碗を完全制覇することにしました。東京都内在住の筆者は、まず静嘉堂文庫美術館の曜変天目を鑑賞(レポートはこちら)。そして残りの二…

トルコ至宝展(国立新美術館)アート

「トルコ秘宝展ーチューリップの宮殿 トプカプの美ー」感想:オスマン帝国の金銀財宝は圧巻!巨万の富が、栄華を物語る。

今日から東京・六本木の国立新美術館にて開催中の「トルコ秘宝展ーチューリップの宮殿 トプカプの美ー」へ行ってきました。日本ではまず見られない、絢爛豪華な宝石に彩られた装飾品の数々。美術展というよりも、宝石展を心ゆくまで見た…

「両陛下と文化交流」 (東京国立博物館)アート

「両陛下と文化交流ー日本美を伝えるー」感想:美術の世界で皇室が果たしてきた、大きな役割と貢献を悟った理由。

皇室と芸術の意外な関係 今年は元号が変わるタイミング。皇室への注目が集まる中、東京国立博物館で皇室ゆかりの美術展が始まっています。2019年3月5日~開催中の、「両陛下と文化交流ー日本美を伝えるー」です。今年は今上陛下の…

河鍋暁斎展(サントリー美術館)アート

「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」:エリートコースを歩んだマルチな才能と、幕末を生き抜いた画家の気概に釘付け。

東京・六本木のサントリー美術館にて昨日から開催の「河鍋暁斎ーその手に描けぬものなしー」へ行ってきました。 英才教育を受けた超エリート画家 河鍋暁斎は7歳で浮世絵師・歌川国芳に弟子入りし、10歳で狩野派の絵師に師事し、20…